リエフのバイク買取

リエフのバイク買取

リエフ(Rieju SA)は1934年にスペインのカタルーニャ州で設立されたバイクメーカーで、創業当初は自転車部品の生産を行っていました。
当時の欧州は様々な動乱がある中で、同社はスペイン内戦により会社施設の没収という憂き目にあうのですが、戦後に再び自転車部品の製造を再開してから自転車の製造も開始し、そこでエンジンを搭載したモペッド開発を行いました。

その後しばらくはモペッドが主軸となるのですが、技術力の高まりと共にスポーツやオフロードと様々な車種を開発するようになり、国際的なレースでも戦果をあげるようになりました。
熱狂的な国民気質でおなじみのスペインでは欧州でもレースの人気が高いということもあり、同社製のバイクは国内だけでなくヨーロッパ全土に輸出され人気を博しています。

日本国内では2011年に本格的に上陸したことから欧州と比較すればまだまだ知名度は低いのですが、イタリアの職人気質が生んだハンドメイドの高品質に加えてエンジンなどパワーユニットはヤマハ発動機系列のモトーリ・ミナレリ社を採用しており、一定の信頼感があるといえます。
このリエフのバイクの特徴となるのは小排気量の車体に特化しているという点で、ニッチではありますが同クラスの二輪車としてはすでに世界的な名声を得ており、現行車のラインアップはRS3 50、RS3 125、Tango 50、Tango 125、Tango250、MRT、MRT SUPER Motard、Marathon、Marathon SUPER Motard、Competizoneなどがあります。

そしてリエフのバイクを買取に出した場合ですが、小排気量であることから欧州車としては珍しく車体価格が安いため、買取価格のベースもやや低いといえます。
こちろん個々の車体の状態にもよるのですが、中古市場において圧倒的に流通量は少なく、またその一方で知名度が低いことからニーズも低いので、あまり買取価格に関しては期待できないといえます。



バイク一括査定サイトを使って、買取価格を競争させることがバイクを高く良い条件で売るコツです。でも複数のバイク買取業者に依頼するのは大変ですよね?以下のたった3つの一括査定サイトに全て登録すれば殆どのバイク買取業者に査定依頼がいきますので、最も高い価格と条件を引き出せるでしょう。 ただし、バイク王は例外で個別に登録して査定依頼した方が高額査定を引き出せることが多いのです。

バイク王に個別に査定依頼する

No1.「バイク比較.com
※登録時にバイク王への査定依頼のチェックを外してください。

No2.「バイクブロス

No3.「楽天バイク買取一括見積り